食事に関する役立つ英会話フレーズ

食事に関する役立つ英会話フレーズ

食事に関する英会話フレーズ

今回は海外旅行で食事をする時に役立つフレーズをご紹介したいと思います。

私の場合は初めての海外旅行がアメリカでしたが、食事に関してはあまり困った経験がありません(๑•̀ㅂ•́)و✧

というか、いままで簡単な注文ばかりしていたからでしょうけど笑)

注文する時

・Can I get 〜「〜もらえますか?」

・I will have 〜「〜をいただきます。」

・Do you have 〜「〜はありますか。」

以上の3点で十分だと思います。私はほとんどCan I get 〜を使用します。

ここでwillですが、前の記事のwillとBe going to の違いで説明したように、いま注文を決めたからwillを使用しています。 よければ前回の記事も是非ご覧くださいねヽ(•̀ω•́ )ゝ✧

会計をする時

・Check please 「お会計をお願いします。」

・Can I have the bill

この2点です。check pleaseはとても有名で覚えやすいですね。

会計する時は、向こうが持ってきたレシートに金額が記載してあり、チップの空欄とトータル金額の空欄があるので、チップの空欄に「金額の15〜20%」くらいを記載して、トータル金額の食事代とチップ代を足した金額を記載します。*チップの相場が大体これぐらいになっています。

アメリカはチップが主流なので、チップの金額も念頭に入れて注文をすることをオススメします(ؓؒؒؑؑؖؔؓؒؐؐ⁼̴̀ωؘؙؖؕؔؓؒؑؐؕ⁼̴̀ )

基本的なやりとり

店員: What would you like ? ”(何を召しあがりますか。)

私: “Well, yes. Can I get this ?( ええ、これもらえます) 

店員: “Okay, and Is there anything  else you need? (わかりました。他に何かありますか。)
私: “It’s ok .”(大丈夫です)

店員: “Its going to be 5$”(5$になります。)

私: “ok here .”(わかりました。どうぞ)

店員: “Thank you “(ありがとうございました。)

食事の際の失敗談

ニューヨークで食事をした時に、幾つかのレストランでは会計に自動的にチップが加算されたレシートを持ってきます。クレジットカードで支払いでればサインだけになりますが。私はチップが含まれてると知らずにチップ込みの金額にさらに20%書いて支払ってしまいました・゚・(。✖д✖。)・゚・

というのも、レシートにチップ(Tip)と記載がなくgratuityの欄に金額があり、消費税かなにかと勘違いしてしまったためです。 支払って店を出た後に、妙に金額が高かった気がして、通りに立ち止まってた人に、”excuse me , Do you know what this meaning ? “とgratuity の文字を指すと、チップという回答が返ってきたため、その時に初めて気づきました^^;

このような失敗は、海外では色々経験しますが、逆に良い経験とも言えます。

ただ私が強調したいのは、わからないことがあれば、積極的に質問をする。それが色々と文化を知る上で、さらに良い経験になり、また英会話上達につながると思いますヽ(•̀ω•́ )ゝ✧

 

応援クリックありがとうございます^^↓↓↓
にほんブログ村 英語ブログ オンライン英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

 

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

ご質問はお気軽に

初めまして、留学なしで英語を頑張っているパンニャです。英会話についてはお気軽にお問い合わせください

  • ①原則24時間以内の返信を心がけます。
  • ②勉強方や些細なことでもお気軽に
お問い合わせはこちらから
fleximg

よく読まれている記事