英会話 Be supposed to 〜の使い方

英会話 Be supposed to 〜の使い方

Be Supposed to  は会話でよく使われるフレーズの1つで、「〜をすることになっている」を意味します。ボッドキャストのバイリガル英会話でも、Supposed to はあまり日本語にない表現ではないかという話がありました。

この言葉を聞くのは正直人によると思います。人によってよく使う人もいれば、あまり言わない人もいる感じです。

状況によりニュアンス的には少しBe going to に比べてあらかじめ決まっている印象が強い感じがします。

使い方については、ニュアンス若干異なるみたいです。

この記事で”Supposed to”をどのように使用するのかを紹介します。

規則的な〜するはず、〜することになっている

  • I am supposed to go to NewYork  (ニューヨークに行くことになっています。)
  • You are not supposed to smoke that restaurant . (あのレストランではタバコは吸えないことになっています。)
  • I am suppose to care of my children . (子供たちの面倒をみなくてはいけません。)

以上のようにあらかじめ決まっていることに対して行う表現ですね🎵

習慣的な〜するはず、〜することになっている

  • Learning English is supposed to know different culture (英語を勉強することは、違う文化を知ることです。)
  • This book is supposed to change your life  (人生を変えるような本らしいですよ)

また私がよく使う表現としては、、友達と夕方に会う予定だったけど、会わなかった場合は”I was supposed to meet him in the afternoon.”になります。約束してたけど、できなかったという表現でつかうので、大変便利ですよ🎵 または”I was gonna 〜でも大丈夫ですね。

以上Be supposed to の使い方でした^^

まずは自分で使う場面をイメージして、そして実際使ってみてください。それか他の人が話しているのを聞いたら、「このようにして使うのかぁ〜」とより具体的にイメージができると思います。

 

応援クリックありがとうございます^^↓↓↓
にほんブログ村 英語ブログ オンライン英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

ご質問はお気軽に

初めまして、留学なしで英語を頑張っているパンニャです。英会話についてはお気軽にお問い合わせください

  • ①原則24時間以内の返信を心がけます。
  • ②勉強方や些細なことでもお気軽に
お問い合わせはこちらから
fleximg

よく読まれている記事